By The Sea

初めての渓流釣りの人へ、街の喧騒を離れ出かけよう

令和3年(2021) 5月5日の渓流釣り (短い時間での釣りでなんとか一匹釣る)

f:id:iwana99:20210505212836j:plain

ようやく釣り上げたイワナは29㎝

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

令和3年 (2021年) 5月5日 秋田県藤琴川上流域〜下流

【天候】曇り空

【気温】12℃

【水温】上流域8℃ 下流域9.5℃

【水質】透明度良好

【水量】普通

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

【場所の選択】

今日は実質的に2時間くらいの釣りなので、急いで釣り場に行きました。

釣り開始が8時、水温8℃で前回と同じくシルバーのマーシャル渓⒋8gで釣り上がりました。

2匹出て来ましたが、フックを咥えません。

その後まったく反応無し、ここで見切りをつけ下流域に場所を変えました。

 

下流域の小さな堰堤の下に行くことにしました。

ここで釣りをできるのは30分くらいです、水温は9.5℃です。

流れの強い箇所を狙って行くことにしました。

f:id:iwana99:20210505213417j:plain

流れの合流点には、その日のその時間帯で最も強い魚が定位します

【二つの流れの合流点を狙う】

堰堤の下100mくらいからキャストします。

ピッ、としたアタリはありますが、掛かりません、たぶん20㎝以下のヤマメのような気がします。

そして堰堤下に来ました、ここで目指すのは「B」と「BB」の二つの流れが合流する辺りです。

問題は「A」にキャストするか「AA」にキャストするかです。

「AA」~「C」のコースではスプーンを、流れと同調させ自然に流すには困難と考え、「A」~「C」のコースを選択しました。

 

「A」にキャスト、小さくリフト&フォールさせながら「B」まで流してきました。

その時ガツンとしたアタリがきました、流れが強いためネットを使わず岸にズリ上げました。

f:id:iwana99:20210505213713j:plain

スプーンはフォレストのマーシャル渓4.8g、カラーはシルバーで裏側は黒のマニキュアを塗る

【ンー、1㎝足らない】
綺麗なイワナで、尺あるかもしれないと思いましたが、どう測っても29㎝です。(笑)

結局、このイワナ一匹でしたが満足しました。

これから水温が上がると、このような流れの強い場所にはヤマメが入り込みます。

f:id:iwana99:20210505214143j:plain

100円ショップで買ったデジカメのケース、これがなかなか良い

【100円ショップのデジカメのケース】

上の写真は100円ショップで買った、デジカメのケースでサイズ的にもよく、二つも買ってしまった。(笑)

一つはリーダーとシャープナーを入れ、もう一つはフックやスナップ、スプリットリングなどを入れている。

ちなみにリーダーとして使っているダイヤフィッシングのジョイナー・ボスメントはだいぶ前から使っています。

「水中で糸消える」を額面通り信じ切って使っています。(笑)

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

 【バリバス スーパートラウト アドバンス・サイトエディション】

やっぱりトラウトはナイロンラインと決めている。

掛けにくいかもしれないが、外れにくいのがナイロンラインの最大の特徴。

特に渓流釣りでは見えにくいラインは使いたくないし、冗談でなくストレスが溜まる。

光の状況では、まったく見えなくなる事もよくある。

いろいろなラインを使ったけど、4lbで0.165㎜経が自分にとってはベスト。

4lbで0.148㎜経だと、スプーンのアタリが取れなくて、バラシの連続だった。

頭にきて0.148㎜から0.165㎜に戻したら、バラシの連続がピタリと止まった。

たぶん0.148㎜は、自分の釣りのスタイルに合っていないのだと思う。

Amazonの評価で、良く切れるみたいな評価があったけど、自分の経験上そんなことは一度もなかった。

マァ、彼は彼、自分は自分としかいいようが無い。

初心者の方、一度お試しあれ。

令和3年(2021) 5月3日の渓流釣り (流れに入り始めたイワナ、ヤマメ)

f:id:iwana99:20210504230702j:plain

嬉しい25㎝のイワナ、この後30㎝のイワナ、この日はスプーンだけ使った

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

令和3年 (2021年) 5月3日 秋田県藤琴川上流域

【天候】釣り始めは小雨、その後曇り空

【気温】9~10度

【水温】7~8度

【水質】透明度良好

【水量】やや増水

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

【魚達は流れの中に入り始めている】

寒い、外気温は10℃、水温も低めです。

とにかく8時半から釣り開始です。

魚達もいつまでも、活動を開始しないわけにもいきません、虫たちも少しずつですが出始めました。

 

前回と同じく流れの緩い所を探っていきますが、反応無しです。

それで思い切って、流れの中にスプーンを入れていきます。

結果はすぐに出ました、魚達は流れの中に入り始めているようです。

f:id:iwana99:20210504231116j:plain

サビもなく綺麗なイワナ25㎝、このイワナイワナカラーを使用オレンジ色が入ったカラー

【ミノーは使わずスプーンだけ使用】

水温が7℃ですので、スプーンを選択しました。

イメージとしてスプーンを魚達の目の前に持って来る、そんな感じです。

 

今までルアーを入れていなかった、速い流れにキャストしました。

すぐに反応があります、小型ですがスプーンを襲い出しました、けれどもサイズが小さく中々フッキングしません。

スプーンの選択、場所は間違っていないようです。

f:id:iwana99:20210504231627j:plain

AからCまでのコースを選択、Bでヒットしました、強い流れの中にある緩い流れを選択

【この日はシルバーがよかった】

釣り始めて一時間くらいで、良いサイズが出ました。

25㎝のイワナで、サビも取れ白銀を連想させるイワナは眩しいくらいです。

使ったスプーンは、いつものマーシャル渓4.8gで、ほとんどがシルバーです

ちなみに、このシルバーの裏側は黒のマニキュアを塗っています。

フックはスミスから発売している、シュアーフック3Bをアシストフックとしてフロントに1本、リア側に1本付けています。

f:id:iwana99:20210504232030j:plain

ジャスト30㎝のイワナ、嬉しいサイズでアシストフックを喰っていた

【嬉しい尺イワナ

後は嬉しい30㎝のイワナも釣りました、ジャスト30㎝です。

これもシルバーのマーシャル渓で釣りました、この尺イワナは流れの速い所と緩い所の境目でヒットしました。

 

釣り方はなるべく流れの真下に立ち込み、上流にキャストします。

流れの真下に立つ理由は、スプーンをできるだけ流れと同調させるためと、少しでも同調している時間を長くするためです。

中層から下を流しますが、どれくらい沈んだかはうまく説明できません、場数を踏むしかありません。

初心者の方はとにかくイメージして下さい、イメージすることは大切です。

f:id:iwana99:20210504232237j:plain

ここも強い流れでその境目でヒット、B点でヒットで流れと同調させるのがコツ

後は放流されたばかりのようなサイズが釣れました、サイズ的には20㎝未満です。

いずれはこのような強い流れに、ヤマメが入り込みイワナ達は更に上流域に移動します。

f:id:iwana99:20210504233031j:plain

ルアーの大きさと比べると、ヤマメの小ささに気づく写真、このヤマメはアシストフックを喰いファイトの途中でリア側のフックが尻尾に刺さってしまった、見ているだけで痛々しい

f:id:iwana99:20210504233519j:plain

この日使った、フォレストのマーシャル渓4.8g、カラーはシルバー

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

【スミス シュアーフックタテアイ Wトラウト 3B】

f:id:iwana99:20210505001402j:plain

アシストフックにシュアーフック3Bをつかった、皮一枚で掛かった

このフックは、ホントよく刺さる。

和針のようにヒネリが入っていて、バラシが激減した。

最初は軸が太いかなー、と思ってたがまったく問題なし、プラグにも対応。

個人的にカエシを潰して、バーブレスにしているので貫通力が違う。

のでヒットしたらテンションを掛け続けるのがコツ。

写真撮影のため時間をかけ過ぎ、魚が暴れ始めると結構な確率でフックが外れる。

サイズは3Bを使用している。

一度お試しあれ。

令和3年(2021) 4月23日の渓流釣り (今期初のイワナ、ようやく釣れました)

f:id:iwana99:20210424221045j:plain

ようやく渓流に山桜が咲くようになった、渓流魚の活性が上がる目安

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

令和3年 (2021年) 4月23日 秋田県藤琴川上流域

【天候】晴れ

【気温】15~20度

【水温】8~10度 (9時・8℃ 11時・9℃ 13時・10℃)

【水質】透明度良好

【水量】やや平水

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

【再度上流域に挑戦】

気温も上がってきて、下流域にするかもう一度上流域するか迷いましたが、再度上流域にしました。

釣り始めたのは9時半、この時の水温は8℃で条件としては低目ですが、悪くはありません。

ルアーの選択は活性が低いだろうと思い、スプーンを中心にして補助的にミノーを選択するようにしました。

f:id:iwana99:20210424222010j:plain

使い慣れたフォレストのマーシャル渓4.8g、上がオレンジ色が入った物で下が黒っぽく見えるけどシルバーでこのシルバーの裏側に黒のマニキュアを塗っている

【今年初めてのイワナ

スプーンは使い慣れたフォレストのマーシャル渓4.8グラム、カラーはシルバーで釣り始めました。

釣れない時間が続きます、ミノーにも反応がありません。

釣れたのは2時間経った11時半、水深のあるプールでマーシャル渓を思いっ切り沈めた最深部がおわる辺りでヒットしました。

f:id:iwana99:20210424222733j:plain

イワナ26㎝、まだ痩せていてお腹がペチャンコ

【戦略の決定】

モゾモゾとしたアタリが来ました。

ラインが大きく弧を描いていることを想定して、大きな動作で合わせをしました。

ヒット、重い感覚が手に伝わります、なかなかいいサイズのようです。

上がって来たのは、26センチのイワナです解禁当初なので、少し痩せたイワナでした。

この時の水温は釣り始めた8℃より1℃高い9℃で、魚達はまだ流れに出ていないようです。

 

これで大体の戦略が決まりました。

本流筋からズレた緩い流れか、大小のプールの底を釣ることにしました。

何のことはない、イワナ釣りのセオリーどうりです。

けれども、最盛期にはイワナも速い本流筋に入り込みます。

f:id:iwana99:20210424223129j:plain

今回釣り上げたイワナは全てアシストフックを喰っていた、写真は26㎝のイワナ


【赤系統の色に分がありそう】

結果、釣り上げたのは26センチのイワナ1匹と20センチを少し越えるくらいのイワナ2匹の計3匹でした。

後はアタリがあるものの、本気で喰ってこない小型サイズです。

パッシとしたアタリがあるのですが、フッキングしないのが続きました。

 

スプーンはシルバーとオレンジが入ったのを使いましたが、オレンジ色が入ったのが少しですがアタリが良いようでした。

赤系統のスプーンがこの時期いい結果が出そうです。

f:id:iwana99:20210424223332j:plain

A点にキャスト、C点までのコースを選択でB点でヒット、B点の川底には大小の石がありイワナ、ヤマメには絶好の隠場になる、

【一度スプーンのリフト&フォールをお試しあれ】

今の流行として、初心者の方はヘビーシンギングミノーを選択しますが、一度スプーンに挑戦することをお勧めします。

自分のスプーンの使い方は、スプーンを流れに乗せてリフト&フォールさせる方法で、出来るだけ中層より下を狙います。

イワナ、ヤマメはスプーンがヒラヒラ舞うように落ちて行く過程で、喰ってきます。

スプーンが流れと同調する、この釣りの利点は流れて来る水中生物や陸上生物に似せることができることです。

f:id:iwana99:20210424223952j:plain

小型のイワナでサイズは測らなかった、まだサビが少し残っている、これもアシストフックを喰っている

f:id:iwana99:20210424224155j:plain

上のイワナを釣った場所、本流筋から外れた流れの緩い所でA点にキャスト、C点までのコースを選択でヒットしたB点は少し水深があり絶好の隠場、B点でヒット、ルアーとイワナの模様がソックリ

【スプーンを引かなくても良いのがミソ】

各種のミノー系のように、流れより速く引く必要もありません。

極めて自然な演出が最大の利点です、エサ釣りと一脈通づるものがあるような気がします。

この方法を覚えておくと、釣りの幅が広がります。

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

【フォレストのマーシャル渓4.8g】

いつの頃からかこのスプーンを好んで使うようになった。

使う人が少ないのかもしれないけれど、結構よく釣れる。

一個持っていても損はないスプーンだと思う。

このスプーンを引いて泳がせるのではなく、流れに乗せリフト&フォールさせて釣っている。

お薦めは5個セット、外せないカラーはチャートグリーンとシルバー系、そしてイワナカラーの三種類で、この三種類で全天候、何とかなる。

[★5個セット]( 4.8g ) マーシャル渓 MARSHAL KEI SPOON <フォレスト>

価格:2,558円
(2021/4/24 23:19時点)
感想(0件)

ダイワのザイオン(ZAION)はフルカーボンの夢を見るのか? (21カルディア、フリームスにザイオンV投入でツラツラ思ったこと)

f:id:iwana99:20210404102615j:plain

ザイオンボディのバリスティックFW、このリールに驚いた

【低価格帯にザイオンVを投入】

ダイワは低価格帯のリールにも、ザイオンVを投入してきた。

21カルディア、21フリームスがそうだ、この事はザイオンのバージョン・アップにメドが付いたのではないだろうか?・・・と勝手に想像してしまう。

金属屋のシマノ、カーボン屋のダイワ(笑)、みたいな感じで面白くなってきた。

 

f:id:iwana99:20210404103304p:plain

東レ」のホームページから、今の航空機はカーボン無しでは飛ばないみたい


ザイオンはフルカーボンの夢を見るか】

話は変わって国産初の、超音速高等練習機T-2では当時画期的な設計で、主翼を作った。

主翼構造にカーボンを採用したのだ、世界は驚いた「こりゃ、スゲー」と。

今では航空機機体の、いろいろな所でカーボンは使われている。

他には自転車、腕時計、ラジコン等など、最近はノートパソコンでVAIOがボディにカーボンを採用している。

 

従来は樹脂にカーボンを配合するのは10~15%が限界だったけど、ダイワは一気に3倍のカーボン繊維の配合に成功した。

「DAIWAはイバラの道を敢えて歩み」、とイバルだけのことはあるのだ。

結果、軽量化と極めて高い剛性を実現した。

f:id:iwana99:20210404103608p:plain

ダイワのホームページからお借りしました

【ダイワは感度の良さをもっとアピールすれば良いのに】
メタルボディ信者のオレは、値段に釣られて買ったザイオンボディのバリスティックFWを使って驚いた。

感度の良さに、思わずザイオンにのめり込んでしまった。

今まで使っていた古いシマノのツインパワーとの、「新旧の時間差」をマザマザと見せつけられてしまった。

オレが感激してしまったのは、軽量化よりもこの感度の良さだった。

スプーンのリフト&フォールで、イワナ、ヤマメがスプーンを咥えている「モゾモゾ」とした情報が取れるのだ、こ、こ、こりゃスゲーと。

 

仮にザイオンの配合率をカーボン30%だと仮定したなら、カーボン配合率50%ならドーなるんだろうとワクワクしてしまう。

当然ダイワはカーボン配合率のアップに、血道を上げているに違いない。

近い未来「このリール、超超ザイオンなんだゼ・・・」みたいなことになるカモしれない。

低価格帯のリールはメタルボディになってたりして。(笑)

f:id:iwana99:20210404103950p:plain

ザイオンの真価はこのモノコックボディで発揮される

【ガンバレDAIWA!期待してますゼ、それとマグオイルもね】

この進化した「超ザイオン」と、ダイワがイバル「モノコックボディ」の組み合わせは、超音速高等練習機T-2の主翼構造のように、世界を驚かすようになるのだろうか?

ガンバレ、ダイワ!オレは期待している。

それとマグオイルもメンテナンス用で発売してくれ!これはセツゼツに期待している、マグシールドが世に出て早10年、いい加減にしろ!!。

このままではユーザーが離れていくゾ!!!!!!!!!!!!!!!。(失礼)

 

昨日釣りに行って、一匹も釣れなかったので、こんなことを考えながら帰宅しました。(笑)

令和3年4月3日 今期初の渓流釣り (お山はまだ冬)

f:id:iwana99:20210404000808j:plain

白神山地はまだ残雪が残る、場所によっては5月まで雪がみられる

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

令和3年 (2021年) 4月3日 秋田県藤琴川上流域

【天候】曇り空

【気温】14~16度

【水温】7~8度

【水質】透明度良好

【水量】増水(まだ川通しで釣り上がれない)

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

【支流よりも本流がスキ】

アレもコレも、そして家で入れたコーヒーをフィッシング・ベストに詰め込むと、さすがに重くなります。

山はまだ残雪が多く、渓流は増水でこんな時は支流に入ると良い結果が出るのですが、本流の様子が見たくて、本流に行ってきました。

で、結果はゼロ。(笑)

f:id:iwana99:20210404001222j:plain

ラインは昨年のままで、取り替えていない(笑)


今の時期は増水で、所々に池のような場所ができていて、格好のルアーのテストができて、長い時間そこで、ルアーを取っ替え引っ替え遊んできました。

水温は思っていたより高めで問題ないのですが、増水でポイントがことごとく潰れ釣れませんでした。

f:id:iwana99:20210404001444j:plain

風が出ると一気に雪が溶け出す、雨よりも風が雪を溶かす

【速く減水して!】
興味津々だったナッゾジグは、今までにない動きで期待が持てそうです。

ナッゾブレードはパニッシュ55㎜Fに付けてみましたが、ベリー側に付けるのがベストのような気がしました。

 

秋田の渓流はこの時期の増水が収まると、一気にベストシーズンに突入します。

f:id:iwana99:20210404001632j:plain

ミノーを入れたルアーケース、大半がフローティング、時代に逆行してます(笑)

 

水温の変化と重心移動音の違いの発見 (風呂場と水槽での音の違い)

f:id:iwana99:20210322231714j:plain

パニッシュ55㎜フローティング・ミノー、風呂場では音がしなかった

【水温と音の関係】

風呂に入りながら、ミノーであれこれしていたときのことの話。

お湯の中で泳がしていたのは、パニッシュ55㎜フローティング。

いろいろやった、浴槽の底から浮かしたり、ユックリ泳がす、速く泳がす、ブレードを付けたり外したり。

当然、上からしか見えない、そこで風呂から上がり水槽で泳がしてみたくなった。

 

早速水槽に向かい泳がした。

パニッシュを泳がすと、「チャリーン、チャリーン」とそれはそれはエレガントな音がする。

???、一体何の音だ、もう一度泳がすと「チャリーン、チャリーン」とエレガントな音がする。

風呂場では出なかった音だ、急いで風呂場に戻りパニッシュを泳がすと音がしない。

 

【水温と重心移動音】

今度はパニッシュ70㎜フローティング・ミノーを浴槽で泳がすと、「カラカラ」みたいな感じの音がする。

この「カラカラ」音は重心移動の鉄球の音だ、このパニッシュ70㎜を水槽で泳がすと「チャリーン、チャリーン」と音がする「カラカラ」音は出ない。

「チャリーン、チャリーン」の音はあまりにも繊細でエレガントな音なので、フックがボディに当たる音なのかと思い、フックを外して泳がせてみた。

フックを外してみても、「チャリーン、チャリーン」と音がする。

f:id:iwana99:20210322233620j:plain

渓流釣りで「音」はどんな影響を与えているのか、よく分からない


【水温40℃と6℃の音の違い】

明らかに重心移動の鉄球が、転がるときに出る音だった。

水槽と浴槽、違いがあるのは水温だった。

浴槽は40℃に設定している、水槽は6℃だった、34℃の水温の違い。

水温が高いと「カラカラ」音になり、水温が低いと「チャリーン、チャリーン」音になる。

何故だ!

 

ネットで調べると、水温が高くなると水の粘度が低くなり、水温が低いと水の粘度が高くなり、それが音に現れるということだった。

初めは判ったような、判らないような感じだったが、カップとスプーンを思い出したら理解できた。

カップにお湯を注ぎ、スプーンでかき回すと「コツコツ」みたいな音がする、水を入れスプーンでかき回すと「カチャカチャ」と高音部が出るようになる、これで理解できた。

f:id:iwana99:20210322232022j:plain

音が少なかったのはシュガーミノー、設計が新しいからなのか?


【手持ちのミノーで試した】

意外な発見だった。

こうなると、他のミノーでも試したくなった。

で、「チャリーン、チャリーン」の音が頻繁に出るのはパニッシュ、音がそれほど頻繁に出ないのはシュガーミノーとDUO、音が連続して出るのはバイブレーションだった。

バイブレーションは予想できたけど、シュガーミノーとDUOが音が意外と少なかったのは意外だった。

たぶんパニッシュは設計が古く、発売が1994年だからもう27年前だ、シュガーミノーはわからないけれど、設計が新しい分それなりのノウハウがあるのだと思う。

f:id:iwana99:20210322232210j:plain

渓流で使っている右DUOのバイブレーションは音が連続して聞こえる、左はDUOのディープタイプでシュガーミノーと同じくらいの音



水中の音がどのように、釣りに影響するのかよく分からない。

バスフィッシングはやらないけど、話は聞いたことがある。

軽いリグなどが着水する「チャポーン」の小さな音に、バス達はよく反応して逃げるのだそうだ。(笑)

反対にプラグなどの着水音「ジャポーン」の大きな音には逃げないそうなのだ。

 

水の世界の住人達、魚は水温の変化による音の変化にも、きっと聞き分ける能力があると思っている。

«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««

【ジェイコブ・コーラー 「花笠音頭」】

こんなリズムの花笠音頭を聞いたのは初めて。

この人のアレンジは、日本人向きだと思う。

話は変わるけど、上の記事の重心移動の音ではないけれど、このライブでの時期は真冬でたぶん高音部がよく伝わるような気がする。

マァー、彼はプロだから機材も選んでいるからかもしれないけど、このヤマハのピアノいい音出るなー。

www.youtube.com

ナッゾブレードを55㎜フローティング・ミノーに付けてみた (風呂に入りながら遊んでみた(^_^;))

f:id:iwana99:20210125111045j:plain

INX labelのブレード、渓流釣りで使えるブレードが発売されホント嬉しい

【ナッゾブレードに感謝を込めて】

このナッゾブレードを開発、商品化してくれた、INX Label代表者である加来匠氏に感謝します。

ルアーのデパートといわれるブラックバスの世界と比べ、渓流釣りの世界では限られた物しか無く、たった一枚のブレードではあるけれど、渓流釣りでは未知の可能性を感じます。

 

【興味津々ナッゾブレード】

ナッゾブレードを買ったけど、これをミノーに付けたらどうなるんだろう?

今最大の関心事はこの事にある。

薄く羽のように軽いナッゾブレード、ルアーのデパートと言ってもいいブラックバスの世界にはホント、何でもある。

ずっと前からブレードには興味があったけど、渓流釣りで使えそうなブレードはなかった。

 

ナッゾブレードが届いてから、手持ちのパニッシュに付けて風呂に入りながら、いろいろパニッシュを引いてみた。

自分のミノーにはテール側のフックが付いていない、ベリー(腹)のフックだけで釣り始めて20年以上経つと思う、もうハッキリ覚えていない。

 

それで、テール側にいろいろ付けてみたけど、明確な結果が出てこなかった。

なので、ナッゾブレードには未知の面白さがありそうで、早く釣りに出かけたい。

f:id:iwana99:20210314121914j:plain

写真はDDパニッシュ65㎜、これくらいの大きさになるとコロラドブレードもOK


【パニッシュ55㎜にウィローリーフ00番を付けた】

第一番にナッゾブレードを付けたのが、パニッシュ70㎜フローティング。

テール側にはコロラドの0番、何の違和感もなく泳いでくれた、予想外だったのは浮き上がる時、水平を保ちながら浮き上がることだった。

これは嬉しかった、この浮き上がるミノーを底の見えないところから、虎視眈々と狙っているヤツがいるのだ。

次に風呂に入りながら遊んでみたのが、パニッシュ55㎜フローティングで予想通りというか、コロラド0番を付けると、ほとんど泳がなくなる、それでウィローリーフ00番で遊んでみた。

f:id:iwana99:20210314123942j:plain

4個共パニッシュ55㎜フローティング、フック・がまかつトレブル17の8番

【風呂に入りながら遊んでみた】
条件 *スナップ・カルティバ耐力P20 0番 *ライン・ナイロン4lb 0.165㎜ *フック・がまかつTREBLE17 8番 *スプリットリング・1番

 

A 55㎜のフローティング・ミノーに、このコロラドブレードは負荷が大きすぎる。

  たぶんこの組み合わせは使わないと思う、ほとんど泳がなくなる。

 

B このタイプは前後にウィローリーフ・ブレード00番を付けたもの、泳ぐことは泳ぐがあく      まで浴槽内でのことなので、長い距離を泳がすまでわからないけれど、唯一の利点はほぼ水平に浮き上がること。

 

C リア側にウィローリーフ・ブレード00を付けたもの、個人的にはこの泳ぎがセクシーに見

  えて一番好き、リア側が少し上になって浮き上がる。

 

D Cタイプの次に好きな泳ぎ、瀬の釣りでも問題なさそうだ、水深が浅く流れが複雑な瀬では

  フローティング・ミノーの独壇場だと思っている、多用するのはCとDだと思う。

 

以上になるけど、あくまでこれは風呂場の実験だから・・・(笑)

 

0番のウィローリーフ・ブレードは試していないけど、0番はスプーンで使うつもりなので試していない、それとコロラドブレードの使い方がよく分からない。(>_<)

 

解禁当初はキャストするより、ルアー交換や、ブレード交換の時間が多くなりそうだ。(笑)

f:id:iwana99:20210314124845j:plain

一番左側が今まで使っていたブレードまったくダメだった(笑)、スプーンで使用

次がウィローリーフ0番、同じく00番、コロラド0番、カラーは全てシルバーを選んだ